1. HOME
  2. 特集
  3. 「プロではない人のためのデザイン&資料作成」力

SPECIAL

特集

「プロではない人のためのデザイン&資料作成」力

研究成果の発表を開始しました。
始めのうちは文字中心となりますが、画像も徐々に使って発表していこうと思っています。
随時更新していきますのでよろしくお願いします。

基本のポイント

私は社会人になったばかりの資料作成(主にExcelやパワーポイントを使った)でとても苦戦しました。
それまで資料作成の仕方などをきちんと習ったときがなかったからです。

それから苦手意識をなくすために色々なことを学び試してきました。
15年以上研究してきた結果、現段階での「デザイン&資料作成のポイント」は以下の4点と考えます。
①フォント
②配置
③色
④形

今後、この4つを軸に説明をしていきたいと思います。

フォント

実のところ、パワーポイントなどで作成する資料は、必ずしも図や画像がなくても作成することができます。

しかし、そのためにはフォントに関する知識が必要となります。

配置

デザインをするときや資料を作成するときは「何をどこに配置するか」が重要です。

配置のポイントをつかむことができれば、デザイン&資料作成の技術が格段に上がります。

私が一番苦手だったのがこの「色」についてです。使わないと素っ気ない感じがするけど、ただ使えばいいというものでもない。ポイントを押さえればプロのデザイナーさん顔負けの資料が作れるようになります。

資料を作成するときによく使われる図。この図をどの形にするかによって、イメージは随分と変わってきます。

そして、フォント(テキスト)も形を意識する必要があるんです。

3大「○○ない」

デザインや資料作成するときにしてはいけないことがあります。

ここでいけないと言っているのは、あくまで「プロではない」が前提です。

1.詰め込みすぎない

表現したいことがたくさんあっても詰め込みすぎには注意が必要です。

2.使いすぎない

使いすぎではいけないものとして以下があります。

①フォント
②色
③図

3.個性を出さない

どうしてもデザインや資料作成をするときは、「個性を出したくなる」と思います。
「誰が作っても同じようなデザインや資料なら自分が作る意味がないのでは?」

この思いに打ち勝つことがデザインや資料作成の上達の第一歩となります。